釜山の観光スポット!甘川文化村、国際市場、チャガルチ市場

釜山の観光スポット!甘川文化村、国際市場、チャガルチ市場

韓国旅行でソウルの次に人気なのが釜山。

韓国はどうしてもソウル中心になりがちですが、釜山ならではの見るもの、おいしいものがいっぱいなんですよ!

釜山へ来たならココ!というぐらい有名な観光地3スポット、甘川文化村、国際市場、チャガルチ市場をご紹介します♪

甘川文化村

釜山で行っておきたい人気スポット、甘川文化村(カムチョンムンファマウル)です。

まるでおもちゃのようにカラフルな家々が立ち並ぶ山間の小さな村なんですが、ここはアーティスト達が多く住む村。

道端や家の壁にオブジェやカラフルな壁画が!

最近「インスタ映えスポット」としても有名になりました。

とにかくにぎやかなほど街中がカラフル!

村中をぐるっと廻るのに2時間程かかりますが、全然退屈しませんよ。

山間のアップダウンが多い場所なので、スニーカー必須です!

特に「星の王子様と砂漠のきつね」像は写真を撮るために行列ができるほどの人気スポット!

散歩がてらぜひ訪れてみてください。

・甘川文化村
203 Gamnae 2(i)-ro, Gamcheon-dong, Saha-gu, Busan

国際市場

釜山の2大市場のひとつ、国際市場。

実は、2014年に公開された映画「国際市場で会いましょう」の舞台にもなったところ。

家庭用品や日用雑貨、衣服、お土産物を売る店が軒を並べており、ここへ来たら何でも手に入ると言われています。

時々、日本から輸入されたと思われるものが売られていました。

特に最近韓国人に人気の「こんにゃくゼリー」を売っているお店が多かったのが意外でした!

 

国際市場でおすすめしたいのが屋台!

釜山はオデン(日本で言うさつま揚げのような魚のすり身を油で揚げたもの)が有名。

オデン製造の有名店も国際市場にあるんですよ♪

ぜひ屋台でオデンを頼んでみては?

韓国式オデンは日本とはまったく違うけど、辛くなくて日本人にはどこか懐かしい味!

おいしいですよ♪

天ぷらの山ですが、トッポッキを合わせてそれぞれ1人前ずつ頼んでも、4,000ウォン(
約400円)しなかったです!

ニラのチヂミと串に刺さっているのが韓国式オデン!

韓国のオデンは串に刺さっていることが多いです。

電球型のジュースは3000ウォン(約300円)

・国際市場:
25 Gukjesijang 2-gil, Gwangbok-dong, Jung-gu, Busan

チャガルチ市場

国際通りとは通りを挟んで反対側に位置するチャガルチ市場。

チャガルチ市場は有名な魚市場です。

ガイドブックにも必ずといっていいほど載っているのでおなじみの方も多いのでは?

チャガルチ市場でのおすすめはなんと言っても新鮮な魚料理!

チャガルチ市場内の新東亜水産物市場(シンドンアスサンムルシジャン)1階で魚を購入すると、3階で刺し身にして食べられることで有名です。

でも、チャガルチ市場へ来たら、一度は裏メニュー的存在「焼き魚」を試してみて!

焼き魚は新東亜水産物市場ではなく、新東亜水産物市場を出て左手の通り、通称「焼き魚通り」にあります。

通りに面した食堂には店先に焼きたての焼き魚がどっさり!

自分で好きな魚も選べますが、お店のおばちゃんに頼んでおすすめの魚を出してもらうのも通かも。

ちなみにこの写真ですが、おばちゃんがおすすめしてくれたその日の魚の甘鯛、タチウオ、ヒラメ、サバの4種類盛り合わせです。

そこにスープ、キムチ、その日のおかず3品がついて一人前1万ウォン(約1,000円)でした。

3人がかりでやっとこ食べられるくらいのたっぷり量!

満腹になりたい方にはぜひおすすめです♪

チャガルチ市場
52 Jagalchihaean-ro, Nampo-dong, Jung-gu, Busan

まとめ

いかがでしたか?

最近では釜山行きの格安航空券やLCC(格安飛行機)がたくさん出ていますので、以前よりもぐっと身近になりました。

ゆっくりと楽しむ旅行も弾丸旅行でも、見どころいっぱいの釜山を訪れてみてはいかがでしょうか?












韓国旅行ガイド・ショップ紹介カテゴリの最新記事